紫外線対策の日焼け止めでかゆみが出る理由

日焼け対策は、紫外線によるお肌の老化作用が広く認識されるようになってから、盛んに利用されるようになりました。

夏以外の季節や、曇りの日でも、紫外線から肌を守るために日焼け対策が必要なことは広まってきています。

紫外線への対策として日焼け止めクリームをつけたいけれど、クリームを塗ると肌が荒れてしまうという人もいるようです。

お肌が弱いと、日焼け対策用のクリームが使えないと思っている人や、一度ひどい目にあって使う気がなくなった人もいます。

どうして日焼け止めクリームをつけると肌トラブルが発生するかといえば、場合によって理由は違います。

アリシアクリニック 柏
日焼け止めクリームは、商品によって様々な機能があります。

あるクリームに配合されていても、別のクリームには入っていないものもあります。

日焼け止めクリームの中には、紫外線吸収剤が入っている場合と、紫外線吸収剤が入っている場合があります。

敏感肌の人が、紫外線吸収剤が含まれている紫外線クリームを使うと、肌がかゆくなったり、赤く腫れる可能性があります。

肌荒れが起きた要因としては、紫外線クリームに含まれていた紫外線吸収剤が、肌と相性がよくなかったことがあります。

もしも敏感肌が気になっている人は、紫外線散乱剤が含まれているタイプの日焼け止めクリームを使うようにするといいでしょう。

紫外線吸収剤が含まれていない日焼けどめクリームを探すなら、ノンケミカルなタイプにするのがおすすめです。

ノンケミカルと書かれている日焼け止めクリームなら、紫外線散乱剤だけが使われていますので、使いやすいでしょう。