間違ったスキンケアで乾燥肌にならないために

毎日のスキンケアが、実は肌にとってよくないことがあります。

自分は乾燥肌になってしまうスキンケアではないかチェックが必要です。

きちんとスキンケアができていないと、誤ったスキンケアが肌に負担になり、乾燥肌を引き起こしてしまうことがあります。

顔を洗う時に、ゴシゴシ強くこすると肌の角質層を傷つけて、乾燥肌の原因になってしまいますし、シミができてることもあります。

皮膚の表面にある皮膚は薄く破れやすいですから、洗顔や、肌のお手入れをしている時に、こすりすぎたり、押しつけたりしてはいけません。

適切なスキンケアを行うことも、乾燥肌にならない肌をつくるためには必要です。

皮膚は、ある程度は自己再生能力がありますので、洗顔によって皮膚に負担をかけたとしても、時間がたてば元通りの状態になります。

アリシアクリニック 池袋

肌は、保湿のためにある程度の自前の油分が必要です。

洗顔でその油分まで奪い続けていると、ある程度は自己修復ができますが、限界があります。

乾燥肌になるのは、皮膚が本来必要な油分を失っている時に、メイクをしたり、日光を浴びたり、湿度の低い場所にいたりということが起きるためです。